ブログ

使い方で差がつく温水洗浄便座の省エネ

平成26年度の温水洗浄便座の世帯普及率は77.5%と、

多くのご家庭で使用されています。

 

使った後、フタを開けっ放しにしていませんか?

フタが開いていると熱が逃げてしまい、

便座を暖めるのに無駄な電気がかかってしまいます。

忘れずに、フタをピッタリ閉める様にしましょう。

 

%e4%be%bf%e5%ba%a71

 

便座と洗浄水の温度を低めに調節すると

省エネになります。季節や気温に合わせてこまめに

調節してみてください。

タイマー機能や自動節電機能がついていれば、それらを

活用することでさらに消費電力を抑えられます。

旅行などで長時間使用しないときは、

電源をオフにしましょう。

 

%e4%be%bf%e5%ba%a72

 

最近のものは大きく省エネ性が向上しています。

長期間ご使用であれば、買い替えることで

消費電力を大幅に減らせます。

そして、便器の節水化も進んでいるので、

便器を含めて交換リフォームすれば、

電気も水も節約できますよ!

 

そして、年間の消費電力量が小さいほど、

目安となる年間電気料金が安くなります。

1年間の電気料金で約4,000円も違う場合があります。

 

また、一般的な家庭におけるトイレ使用量で、

便器を13Lから6Lタイプに変えるだけで、

1年間で236杯分の水を節約できて、

その効果を金額に直せば約12,000円(年間)

節約効果が有ります。

 

省エネ性能に優れた温水洗浄便座は、電気料金や水道料金が

おトクになるだけでなくCO2削減にも繋がりますよ。

 

お陰様で創立51周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る