ブログ

無垢材のフローリングは夏でもサラサラです

構造見学会のお知らせです。

8月6日(土)・7日(日)

8月13日(土)・14日(日)

土岐市下石町内で構造見学会を開催します。

 

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

 

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

構造見学会の詳しいことはコチラ
 

 

気温や湿度の高い季節になりました。

汗ばんだ足で床を歩くとベトベトして不快に感じることがありませんか?

天然木でできた無垢フローリングなら、夏でもべたつかず、素足で気持ちよく過ごせます。

 

 

木には調湿作用といって、湿度が高い時にはほどよく湿気を吸収し、空気が乾燥しているときに水分を放出する働きがあります。そのため、ジメジメした夏場でも肌触りはさらりと快適です。

 

また、無垢フローリングは夏だけでなく、冬も快適。断熱性が高いため、冬に素足で歩いても冷たくないのです。一年を通して心地よく過ごせる床材です。

 

木の内部には細かい気泡が集まっているような層があり、熱伝導率が低く断熱性に優れているという特性があります。

そのため、無垢フローリングは素足で触れても冬はヒヤッとせず、夏はサラッとべたつかず、一年中心地よさが続きます。

 

 

心配される理由の一つとして修理やメンテナンスの心配があると思います。

へこみやキズの大きさなどによって異なりますが、水分を含むと膨張する木の性質を利用して、へこみやキズを修復することができます。

加工されている複合フローリングと比べるとキズはつきやすいものの、比較的簡単に修復することができます。

 

また、冬場には無垢床が暖かいというより、複合フローリングのように冷やっとしないという感じです。

 

水野建築では、無垢床をお勧めしています。

スリッパや靴下ではなく素足で過ごす方は、無垢材を採用された方が気持ち良く過ごせますよ。

 

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る