ブログ

瑞浪市釜戸町MM様邸 珪藻土吹付

瑞浪市釜戸町MM様邸では、天井・壁とも珪藻土を吹き付ています。

使用した珪藻土は稚内珪藻土である「ナティール」です。

 

調湿性能の高さにおいて、日本の土の中で断トツであることは

、各研究機関の試験によって立証されています。

 

なぜ採用したかというと、きれいな空気を吸って快適な暮らしをしてほしいからです。

ただ、自然素材を使えば快適な暮らしができるわけではありませんので、

そこには高気密・高断熱の技術が必要になってきます。

 

施工手順に関しては、以下の通りです。

①パテ処理をします。

(パテ処理とは、下地の表面の段差や凹凸を平滑にするための処理のことです。)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

②全面に白色のシーラーを塗ります。

(シーラーとは下地のアクを防ぎ、壁紙などの定着をよくするものです。)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

③下吹きと上吹きの2回吹き付けます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なぜ白色のシーラーを使うかかというと、

吹付で下地が透ける場合があるため、透けるのを防ぐためです。

 

また、1回吹付けて、しっかり乾燥してから2回目の吹きつけすると、

上手くいきます。

 

なお、珪藻土の吹付け施工のメリットですが、

左官屋さんで珪藻土を塗るよりもお安くできます。

そして、天井も同じような仕上げ材で仕上げる事が出来ます。

 

室内全部の天井と壁(クローゼットや押入も)を稚内珪藻土である「ナティール」で

吹き付けていますので、快適湿度維持やカビ・ダニの発生抑止、

生活臭除去などのメリットがあります。

 

吹付け施工に興味のある方は参考にして下さい。

 

お陰様で創立52周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

完成見学会のお知らせです。

来年の24日(土)・5日(日)に瑞浪市釜戸町MM様邸で

完成見学会を開催します。

 

完全予約制の見学会になりますので、ご希望の方は電話・

メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします

 

 

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る