ブログ

「みのかも塾」の第5回目 全室冷暖房小屋裏換気「厚さと結露解消」

取引先である「ジツダヤ」さんで、住まいづくりの基礎知識の勉強会で

第5回目の「小屋裏換気」暑さと結露解消が開催されました。

 

5回目の講師の先生も日本住環境㈱名古屋営業所の林嘉吉さんです。

 

 

最初は1回から4回までのまとめです

・高断熱→最低でも東北地方の住宅を建てよう!

・高気密→気密測定を行い、隙間相当面積C値=0.5以下を目指す

・計画換気→空気は水の流れと小名S次。流れが悪くなると腐り、匂いを発する

ダクト式にして外気風力の抵抗をなくす

・全室冷暖房→室内の温度と湿度は、冬は18度・湿度40%

夏は28度・湿度60%をキープできるようにする。

 

 

通気層の役目は壁内結露防止と遮熱対策です。

サーモカメラによる写真を見るとすぐに施工不良の箇所が分かるので、

工事中は注意が必要です。

 

小屋裏の暑さと結露対策には、状況を理解して対策をする必要性が勉強できました。

「空気を走らせる」「空気が散歩する」の言葉は営業トークとして使う事が出来ます。

 

林さんが話された話で「お宅高いよね」と言われる工務店になってほしい。

その高い理由をきちんと説明して、お客様が納得してもらうことが大事です。

 

また、日本住環境㈱さんが扱う商材は、私達工務店がレベルアップして

性能のいい住宅を造らないと扱わない商材ですので、

今回の5回シリーズで当社が必要な商材も把握することができました。

 

4月から始まった「高断熱・気密住宅づくり」基礎研の5回コースが終わり、

この研修を受講した人が、次回からの研修が7回シリーズで用意されています。

宿題のレポートを提出して次回の研修に望みたいと思います。

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

 

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■パナソニック リビングショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です。
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る