ブログ

窓を見直して家族を守りましょう!

窓を見直して家族を守りましょう。

台風や突風などの強風時に心配になるのが窓です。物が飛んできてもガラスが割れないようにしておけば安心です。

大切な家族と家を守るためにも、窓まわりを見直してみませんか?

 

日本は、台風などの自然災害が発生しやすい国です。

安心して暮らすためには備えが大切です。

そんな備えの一つとして、窓まわりの対策をしておきたいものです。

 

 

台風などで強風が吹くと、風で飛ばされた物が窓にぶつかり、ガラスが割れてしまうこともあります。

飛び散ったガラスの破片が危険なのはもちろんですが、割れた窓から室内に雨風が吹き込んでしまうと、もっと大変なことになります。

窓まわりの強化は万が一のときの安心につながります。

 

シャッターや面格子で窓を守りましょう。

窓まわり対策としてシャッターを取り付ける方法があります。

物がとんできても、シャッターがあれば窓ガラスが割れる心配が少なくなります。

 

シャッターは防犯目的のために1階のみに設置されることが多いのですが、強風対策として2階にも取り付けておけば安心です。

既存の窓に後付けができ、半日ほどで設置できます。

 

 

また、部屋の中からリモコンで開閉できる電動シャッターもあります。

電動シャッターは、雨が降っていても窓を開けずにシャッターを閉められる点もメリットです。

 

小さな窓など、シャッターを取り付けられない窓の場合には、面格子を設置するという方法があります。大きな飛来物から窓を守れます。

 

割れにくく貫通しにくいガラスに変更することも考えましょう。

ガラスを割れにくいものに交換するのも手です。

この方法なら、シャッターや面格子が設置しづらいという窓にも有効です。

 

 

「防犯ガラス」や「防災安全ガラス」などと呼ばれ、2枚のガラスを強靭な樹脂膜で圧着して一体化させています。

強い衝撃を受けても破損しにくく、万が一破損しても、破片がほとんど飛び散らないガラスです。

強風で勢いよく物がぶつかっても割れにくく、割れたとしてもヒビが入るだけなので、ガラスの破片でケガをする心配もありません。

 

割れにくい窓なら、台風が突然襲ってきても安心です。窓まわりの防災で、住まいと家族の安全を守りましょう。

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

相談会のお知らせです。

9月11日(土)・12日(日)に

水野建築の”家づくりなんでも相談会”を開催します。

完全予約制の相談会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所は水野建築の事務所です。

 

水野建築の”家づくりなんでも相談会の詳しいことはコチラ

ページトップへ戻る