ブログ

構造計算と耐震等級3は必須の時代ですよ

 

間取りやデザインも大事だけど、大事なこととして建物の耐震性能があります。

地震で家が倒れたら元も子もありませんよね。

 

どこの地域でも地震が起こる可能性がある日本では、安心して暮らせる「地震に強い家」とは

どんな家でしょうか?

結論は、構造計算をして耐震等級3を確保することです。

 

 

構造計算とは家の強さを確認する方法です。大工さんの勘や経験に基づいているのではなく、科学的に家の強さを確認するのが構造計算です。

 

大事なことは地震で家が倒壊するのを防ぐには、「壁の量」と「壁の配置バランス」が重要です。

地震以外に台風や大雪のことも忘れてはいけません。

「耐震性能の高い家に住みたい」「災害に負けない家に住みたい」「地震に強い家を建てたい」方は、構造計算は必須として下さい。

 

 

 

また、耐震等級とは、家がどのくらいの地震力に耐えられるのかを示した指標です。

地震に強い家をつくるなら当たり前ですが「耐震等級3」が必須だと思います。

 

 

 

 

熊本地震では、「耐震等級3」の家は震度7が2回来たエリアでも被害がなかったり、軽かったりしたことから「耐震等級3」は安心だということが注目されるようになりました。

 

お客様に伝えることは、命を守るけど、もう住めなくなる住宅 耐震等級1(耐震等級2も倒壊、損傷しています・・)命も財産も守り、住み続けることができる住宅 耐震等級3どちらが良いですか?

当たり前ですが、安心して暮らすためには、構造計算を行い、耐震等級3で家を建ててくださいね。

 

そして、耐震等級3を取得するには2つの方法があります。

品確法による計算と許容応力度計算です。

品確法による耐震等級3よりも、構造計算(許容応力度計算)の耐震等級3の方が安全性レベルは高くなります。

 

 

 

 

弊社では、土岐市下石町M様邸でも命も財産も守る構造計算(許容応力度計算)をして、耐震等級3を確保しています。そして、第三者の認定機関で証明してもらいます。

商談中の建築会社さんは震等級3を標準化していますか?構造計算をしていますか?

 

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る