ブログ

高気密・高断熱住宅はいいですね

冬-3℃の夜に、エアコンを止めて寝ました・・

朝起きたら、寝室の温度が14℃ありました・・

これが「当たりまえの家」なのです

 

私が住んでいる建物は10年前に建てた家です。

1階が鉄骨造の作業場、2階が木造の自宅です。専門用語でいえば混構造です。

自宅は、トステム(現在はリクシル)さんの高気密・高断熱のスーパーウォール住宅です。

LDKの床には、深夜電力を利用しての蓄熱床暖房を入れています。

(毎月2万円くらい電気代がUPしますが、太陽光発電パネルの

おかげで心配しなくていいです)

補助的に各部屋はエアコンで対応しています。

 

今朝、各部屋の温度を測ってみましたので、報告します

 

■LDKの温度・湿度

LDKは床暖房のおかげで、24時間、室温は20度、

湿度は40%を保っていますので、

居心地のいい部屋となっています。(加湿機能付き空気清浄機を使用)

今の時期は、夜は家にいた方が居心地がいいので出不精になってしまいます。

 

 

 

■寝室の温度・湿度

昨日は、夜寝る前に2時間ほどエアコンを付けて、室温を19度まで上げました。

エアコンを切ったのが10時30分です

今朝の気温は14度、湿度は38%です。

 

■私の書斎の温度

私の書斎はほとんど暖房をしません。

今朝の温度はマイナス3度でしたが、室温は10.5度あります。

 

このブログを読まれ、興味をもたれたら遠慮なく連絡をください。

自宅をお見せします。

 

そして今月は、低炭素住宅の講習会や木造住宅の耐震改修の講習会が

続きます。しっかりと勉強して、お客様へ情報発信していきます。

 

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ランドメードシステム(ナナメウエの家)の設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

ページトップへ戻る