ブログ

心地いい風の流れをつくる

心地いい風の流れをつくるために、自然の風を窓からうまく取り込むためのコツをご存知ですか?

 

エアコンのいらない季節には、自然の風を上手に取り込んで心地いい空間をつくりたいですね。

上手に風を取り入れることは決して難しいことではありません。複雑な最新設備を入れたり、莫大な費用がかかったりすることもありません。

風の性質を理解して、それに合わせて窓を設けるだけで十分です。

 

室内にこもった熱い空気は軽いので上昇します。

この性質を利用して、階段や吹き抜け空間などの高い位置に窓を設置すれば、そこから空気が排出されます。

これを重力換気といいます。

 

 

 

高い位置の窓は、外出時にも開放しておけるので便利です。

浴室の高い位置、洗面室の低い位置に窓を設置すれば、熱こもりや湿気を浴室の窓から外部に排出することができます。

重力換気は、2つの窓の高低差が大きいほど効果的です。

 

また、風が吹いてくる側(風上)と風が流れる側(風下)にそれぞれ窓を設置すれば、室内にこもった熱気を効率よく排出することができます。

 

 

 

これらの手法は、住宅密集地でも効果的です。

いったん家を建ててしまうと、窓を増やしたり減らしたりすることは簡単ではないので、

設計する際にしっかり考えておくことが大切です。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る