ブログ

かしこく建てて、ひろびろくらす家はいかがですか?

「かしこく建てて、ひろびろ暮らす」が

「ナナメウエのイエ」を簡単に説明した言葉です。

 

そのための具体的な設計方法(こだわった部分)として

①建物を建てても経年劣化しない魅力である、

光と窓・空間・収納にこだわったイエです。

 

②空間を広く見せ、空間を上手に利用する方法として

「スキップフロアー」を使う場合があり、空間に広がりをつくります。

 

その結果、下記のような住まいになります。

ナナメ上下に

光が通い

風が通う

そんな空間のつながりは

家族のつながりでもあるのです。

 

ナナメウエのイエ参考パース

 

まずは、縦方向やナナメウエの空間を有効に使ったらどうでしょうか?

 

例えば、リビングの床をダイニングから1m上げます。

(専門用語で「スキップフロアー」といいます)

1mあげたリビングの床下は、収納スペースやシアタールームに使う事が出来ます。

 

また、1階と2階の間に中2階を作って、主に収納として使う事も出来ます。

量産メーカーさんでは「蔵」(くら)といいます。

 

ここで注意をしなくてはならないのは、天井高さは1m40㎝になります。

収納スペース・シアタールーム・中2階収納は、一定の規則を守れば、

床面積に参入れないことです。

そしてロフトや洗濯を干すには便利な中2階ベランダも、

縦方向の空間を有効に使えます

 

床面積が30坪の大きさで、35坪と同じくらいの空間を作る事が可能なのです。

「何で?」と思われるかも知れせんが、小さく建てて大きく暮らす家なのです。

 

分からない方は、事務所でお茶でも飲みながらお話しますので、遠慮なく連絡ください。

模型や工事写真を使って説明します。

時間があれば、「住宅の常識・非常識」の話もさせて下さいね。

 

かしこく建てて、ひろびろ暮らす家はどうですか?

 

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■パナソニック リビングショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です。
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る