ブログ

実例から学ぶワザありガイド その3

実例から学ぶワザありガイド その3です。

 水野建築が建てたお宅から将来を見すえた工夫の数々を紹介します。

今回は、スノコ式の床と窓辺のカウンターデスク、寝室のこだわりです。

 

■スノコ床の室内干しコーナー

こちらのお宅では、吹き抜け上部に天候や時間を選ばず室内干しができる、スノコ床の物干コーナーを設置しました。花粉が飛ぶ季節でも安心ですし、香りのよい桧のスノコ床なので空気が対流し、日当たりもよいので洗濯物はふっくらやわらかく仕上がります。

材料加工や取付などに手間がかかりますが、お客様には喜ばれている空間です。また、高気密高断熱住宅だからこそできます。

 

 

■窓辺のカウンターデスク

ダイニングスペースの窓辺にはカウンターデスクのあるワークスペースを造作しました。パソコンコーナーとして、お子さんが誕生した将来は学習コーナーとして活用する計画です。カウンターに引き出しも取付けることが可能です。

 

 

■空気が入れ替わる窓を寝室に。収納もいっぱい

寝室は、安眠を誘う落ち着いた色合いのアクセントウォールでアレンジしました。

部屋の奥には書庫を、さらにその奥にはウォークインクロゼットをレイアウトしています。南に面した窓は、入ってきた風が循環しながら自然に出て行くよう両サイドが縦すべり出しタイプを採用しました。(ウインドキャッチ連窓といいます。)

■寝室とつながったウオークインクローゼット

 

■ウインドウキャッチ 窓

 

■■ウインドウキャッチ窓 イメージ

 

ぜひ、一緒に考えていきませんか?

お気軽に電話・メール・FAXでお問い合わせください。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る