ブログ

庇や軒はとても大事ですよ

庇や軒は下記写真を参照してください。

 

 

 

庇(ひさし)や軒があれば、雨はもちろん、夏の強い日差しが窓から入り込むのを防いだり、外壁の汚れを防ぐことができます。

 

下記写真は日射遮蔽が出来た状態の写真です。

 

 

最近は、家の外観をすっきり見せるために庇を設置しない家や、軒を出さない家が増えています。

しかし、日本家屋で古くから利用されてきた庇は、快適な暮らしをサポートする住まいの名脇役なんですよ。

 

庇があると、小雨程度なら窓からの吹き込みを防げます。

小雨でも窓を開けたままにしておけるので、窓を開けて空気の入れ替えができます。

また、夏の強い日差しを遮るのも大きなメリット。室内の温度上昇を抑え、冷房効果がアップするので光熱費の節約にもつながります。

 

また、勝手口にひさしがあれば、雨の日の出入りの際に雨よけになります。

建物の構造によっては庇は後付けができるので、雨や日差しが気になる場所に設置すれば、暮らしやすくできます。

 

水野建築では軒のない家は基本的にはお勧めしません。

庇のメリットよりデザインを重視してるからとか、庇をつけるとコスト高になるからとお考えの方は考え直した方がいいと思います。

高性能サッシのガラスの性能より庇で遮光した方がはるかに効果的ですよ。

 

少しやさしい言葉で、庇や軒について書いてみました。

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市付近、パッシブデザインで注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事

の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る