ブログ

高断熱の家なので夏は暑いです?

日曜日に、ゴルフの打ちっ放しに出かけた時の隣の人達の会話です

Aさん「Bさんの家は川の側にあるので夏でも涼しいのでは?」

Bさん「私の家は高断熱の家ですので熱が逃げないので暑いです」

 

Bさん家の窓がしっかりと日射遮蔽ができてないから、

強烈な日差しが室内に入り、断熱性能がいいので

その熱が外に逃げないから室内が暑いのだと想像しました。

 

日射遮蔽のことは前回のブログです
 

折角の高断熱住宅がもったいない気がします。

建築会社が住まい方についても

説明したのか少し心配になりました。

 

これから新築や建て替えを考えている人に

参考になることを書きます

 

東面、西面、北面の窓はできるだけ小さくして

日射遮蔽型のLOW-Eガラスにしましょう。

そして、二方向通風ができるような配置にしましょう。

 

kg-06

 

南面は冬のことを考えて、日射を取り込みたいので、大きくして

日射取得型のLOW-Eガラスにしましょう。

 

it-main

 

屋根や天井裏の断熱材は厚いほうが効果があります。

少なくとも高性能グラスウールで300mm以上敷設してください。

 

壁の断熱材も高性能グラスウール105mm以上にしてください

 

そして、出来れば樹脂サッシを使用すれば、

東北地方で建てられる性能の住宅になります。

 

このぐらいの性能の建物だと、太陽の熱が室内に伝わりにくいので

エアコンの効きがいいです。すぐに設定温度に下がりますので、

フルパワーで運転する時間を短くでき、電気代を節約できます。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

ページトップへ戻る