岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームなら水野建築

お問い合わせ イベント情報 岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームを行う水野建築の家づくりガイドブック無料プレゼント
TOP

断熱改修で寒さ知らずの冬支度をしませんか

「冬は、家の中も寒くて当たり前」と思っていませんか?」

暖房をつけているのに部屋がなんだか寒いのなら、住まいの断熱性・気密性が低いのかもしれません。窓や壁、床などの断熱で、冬でも寒くない家が実現しますよ。

 

「暖房をつけていない部屋が外のように寒い」「朝、寒くて布団から出られない」といった、冬のお悩みはありませんか。

 

冬に家の中が冷えるのは、断熱性・気密性が低いせいかもしれません。

「断熱」とは、熱の移動を断つということです。

断熱性が低いいと、せっかく暖房であたためても、壁や天井、床、窓などから熱が逃げていってしまうので、部屋が思うように暖まりません。

 

一方で、断熱性・気密性が高ければ、暖まった空気が外に逃げにくいため、暖房を切っても暖かさが長続きします。熱が逃げにくくなれば暖房の効率も上がりますし、足元の冷えが解消されます。

 

また、断熱性が高い住まいなら、外の熱が家の中に入ってくることも防げるため、夏場の冷房もよく効くようになります。冷暖房費を抑えつつ、暑さや寒さをがまんしなくていい住まいになります。

■断熱改修着工前の現地調査

 

■断熱改修の完成写真

 

 

住まいの断熱性を高める上で、重要になるのが窓です。

窓は家の中で、最も熱の出入りが多い場所。古い家に多い一枚ガラスやアルミサッシを、複層ガラスや樹脂サッシに変えると、住まいの断熱性がぐっとアップします。

今ある窓に内窓を付けて、二重窓にすることでも断熱性を高められます。

(補助金がありますので、有意義に利用しましょう)

 

窓のほかに、窓や床、天井などもしっかり断熱すれば、住まいの快適さがさらに向上します。

最近では、家を建てる際に、壁や床などに断熱材を入れることが一般的になっていますが、古い家だと、断熱材が入っていないケースもあります。こうした場合は、壁や床に断熱材を入れることで、住まいの暑さ・寒さがぐっと和らぎます。

 

断熱リフォームにはほかにも、建物の外側から断熱材を取り付ける「外張り断熱」という方法もあります。

断熱リフォームで、夏も冬も居心地のいい住まいを実現しませんか。

お気軽にお問い合わせください。

 

■11月23日(木)~26日(日)まで秋の相談会を開催します
お気軽にお申し込みください。
2023年秋の相談会の詳しいことはコチラです

 

お陰様で創立58周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラです

■無料メールセミナー 「失敗しない土地選びの秘訣」
失敗しない土地選びの秘訣の詳しいことはコチラです

■無料メールセミナー 「失敗しない業者選びの秘訣」
失敗しない業者選びの秘訣の詳しいことはコチラです

一覧 外装下地の防水シート&軒天井をチェックしてください