ブログ

断熱性能を上げるだけでは快適な家になりませんよ

省エネ基準適合の説明義務化が2021年4月スタートします。

国が定める基準に適合しているかどうかをお客様に説明しなければなりません。

 

 

説明しようとすると、外皮計算を行う必要があります。

外皮計算とは「外皮平均熱貫流率(UA値)」を算出する計算のことです。

建物の外壁・窓・天井・床から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。(外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。

外皮計算をすることによって、より断熱性能の値がわかりやすく表示されるということです。

 

外皮計算でチェックしてほしい数値があります

ηAC値(イーターエーシーチ)夏の日射取得量がわかる数値です。

小さいほど良いです。目標数値は1.0以下です。

ηAH値(イーターエーエッチ)冬の日射取得量がわかる数値です。

おおきいほど良いです。目標数値は2.0以上です。

外皮計算で熱貫流率が出てくるので、熱貫流率がでてくれば日射熱取得率も出てきます。

 

 

断熱性能を上げれば夏涼しく、冬暖かい快適な家になると思っていませんか?

実は、断熱だけでは快適な家にはなりません。

 

この話をすると時間が必要ですので、結論を先に言います。

重要になるのはパッシブデザインです。

 

建築会社さんのHPで、当社のUA値は平均して0.5w/(㎡k)くらいなので基準値と比べてもかなり高い断熱性能であるとか、断熱性能の高い家のメリットは、1年を通じて快適な室内環境を保つことができるとか、冷房費・暖房費の低減など、少ないエネルギーで快適な空間を生み出しますなどと書かれています。

間違ってはいませんが、ηAC値とηAH値をチェックして判断してくださいね。

 

 

また、下記がパッシブデザインの基本になります。

 

1.断熱・気密性能を確保する

2.冬は日射熱を取り込む

3.夏は日射熱を入れない

4.風通しを良くする

5.自然光を取り込む

 

 

パッシブデザイン住宅が目指すものは、設備ではなく、建物のあり方(建物に関する設計)によって、最小限のエネルギーで、冬暖かい、夏涼しい、風が通り、1年中明るい家が実現する建物です。

パッシブ設計をするにはお金はかかりませんよ。設計者の能力ですよ!

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

 

構造見学会のお知らせです。

12月112日(土)・13日(日)に土岐市下石町内で構造見学会を開催します。

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

 

構造見学会の詳しいことはコチラ

ページトップへ戻る