岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームなら水野建築

お問い合わせ イベント情報 岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームを行う水野建築の家づくりガイドブック無料プレゼント
TOP

断熱リフォームでお部屋ぽかぽか暖かくしませんか?

最近は朝晩の寒暖差が多い日々が続いています。

もう少しすれば、朝はちょっとだけ暖房が欲しい季節になりますね。

 

暖房をつけているのになんだか部屋が寒いなと感じるなら、住まいの断熱性能を見直しましょう。

断熱性が上がれば、暖房器具の効率がぐんとアップしますので、光熱費も抑えられます。

 

熱は温度が高いところから低いところに移動します。

そのため、断熱性の低い家では、冬は室内の暖かい空気が外に逃げ、夏は外の熱気が室内に流れ込んできてしまいます。

 

「断熱」とは読んで字のごとく「熱を断つ」はたらきのことです。

家の断熱性能が高いほど熱の出入りが抑えられるので、冬の寒さが和らぎます。

断熱すれば、1年を通して外気温の影響を受けにくくなり、冷暖房効率がおのずとアップします。

また、エアコンの効きがよくなるため、光熱費が削減されます。

 

ひと昔前の断熱リフォームは、断熱材を入れるために床や壁を壊さなければならず、工事はとても大掛かりなものでした。住みながらの工事が難しく、仮住まいを用意する必要がありました。

 

しかし最近は、断熱建材や工事の方法が格段に進化。壁も床も天井も、「住みながら工事」できる方法が増えています。

 

たとえば、壁の断熱は、石膏ボードと断熱材が一体化した断熱パネルを、今ある壁の上に貼るだけ。パネルの上から壁紙を貼って仕上げるので、工事は最短数日で終わります。

 

 

床も同様に、床下に潜ってボード状の断熱材を貼るだけの工法が登場しています。

壁も床も壊す必要がなく、工期がぐっと短くなります。

住まいの断熱性を高めるうえで、もうひとつ忘れてはいけなのが窓の断熱性です。

窓は住まいの中でも熱の出入りが大きい場所なんです。

窓を断熱性の高いものに見直すことが大切です。

 

 

窓のリフォームにはいろいろな方法がありますが、手軽にできて効果が高いのが、今ある窓の内側にもうひとつ窓を付ける「内窓」リフォームです。

窓と窓の間にできる空気層が、高い断熱効果を発揮します。

簡単なのに効果絶大の窓の断熱です。

 

 

温かい空気が逃げない住まいにしてみませんか?

 

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせはコチラです

一覧 多治見市西坂町K様邸 外壁塗装工事