ブログ

手間暇が必要な断熱気密処理です

手間暇が必要な断熱気密処理を土岐市Y様邸進捗状況に合わせて説明します

 

水野建築は断熱材は、床と壁は高性能グラスウールを使用します。

その理由は値段が安くてしっかりと性能が出せるからです。

また、グラスウールは袋に入っていないグラスウールを使用しています。

裸のグラスウールは隙間なくしっかり断熱材を詰めることができます。

そして、断熱材の施工には丁寧さが求められます。この施工は、ちゃんとした知識と技術が必要です。

 

裸のグラスウールの上に気密シートをぴっちりと貼り、ジョイント部分は気密テープでしっかりと留めます。壁も天井も連結させて途切れないように取付します。

 

そうすれば、断熱・気密はしっかり確保できます。

ただ、この気密施工については、大工さんだけでなく、電気屋さんや水道屋さんにも絡みが出てくるので、慣れていない業者さんだと大変ですね。

 

水野建築では桁上断熱を行っています。

 

桁上断熱とは、桁上に合板を張り、その上に断熱材を敷き詰める桁上断熱工法です。

この工法は、間仕切り上部の気流止めの施工も不要となるため、比較的容易に性能を向上させることができます。

合板を取付けた後に「タイベックスマート」というシートを張ります。

 

 

このシートは年間を通して気密性はしっかりと確保しながら、壁体内の湿度条件に応じて、透湿性が変化する特殊な気密シートで冬は防湿、夏は透湿する可変透湿・気密シートです。

 

タイベックスマートを敷きこんだ後に、束とシートを気密テープで隙間が無いようにします。

 

これで桁上の気密が取れます。

その桁上に、厚み300ミリのセルロースファイバーの吹込みます。

(セルロースファイバーとは新聞紙をリサイクルして作った断熱材です)

 

 

外壁はニチハの「あんしん」という耐力用の面材を張ります。

「あんしん」を張る前に、これまた気密テープを貼ります。

 

 

 

羽子板ボルトが付いている所。

ここは、熱橋(羽子板ボルトは金属なので熱が伝わりやすい)になるので、発砲ウレタンで熱橋を処理します。

固まったら、出っ張った部分が邪魔なのでカッターなどで梁面までカットします。

 

1階柱と1階床合板の隙間の処理です。

床下にある外気が壁体内に入らないようにコーキングでしっかりと隙間なく処理をします。ここも大事な所です

 

換気扇の穴やエアコンのスリーブ穴の処理です。

ここの処理は配管周りの気密性を簡単&確実に高めるドームパッキンという商品を使用します。伸縮加工したポリエチレン素材なのでパイプとの密着部分にテープ処理が不要ですし、カットがしやすく取付けが簡単です。

 

 

コンセント周りも大事です。

コンセント周りの気密性を高める気密コンセントBOXという商品を使います

こだわり形状で気密性が高く 簡単・確実に施工できます。気密テープで隙間なく塞ぎます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こうして手間暇をかけて性能のいい家が出来上がっていきます。

皆さんの家はどんな工事をしていますか?

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

水野建築では「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る