ブログ

大工育成ガイドラインの説明会

全国工務店協会主催の大工育成ガイドラインの説明会が
ポリテクセンター中部(小牧市)で行われましたので
参加してきました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大阪・京都・静岡からも参加者がありました。
 
新人大工の育成は工務店業界の大きな課題です。
工務店が一人でも多くの若者を採用して
大工として育成するシステムが必要になってきます。

 

大工人口の推移ですがピークの1980年には93万7千人いましたが、
2015年には37万2千人です(ピークの60%減です)
2025年には25万人の予想です(73%減の予想)
 
このままでは家守りをすることさえ出来なくなりますので、
だから私たち工務店が自ら育てる必要があります。
そのためには工務店の経営力の強化も
大工を育成していく上で大切なことです。

 

墨付け、手刻みができて、弊社の得意分野である耐震改修と
省エネ改修ができる大工さんに育てるように指導していきます。

 

弊社も「大工育成塾」で塾生を受け入れて
3年間かけてある程度のことができるように育成しました。

 

平林君が大工育成塾のOBですので、12年弊社に在籍しています。
現在は、棟梁として現場を仕切ってくれています。

 

大工になりたい若者が目指す大工像を考えながら、
求人活動と採用を行っていきます。

 

skm_c22717101508570

 

お陰様で創立52周年を迎える事が出来ました。
注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る