ブログ

注文住宅コスト削減のコツ その1

プランを検討するときに、どのようにコストを調整すればいいのでしょうか?

予算オーバーを防ぐために、参考になる「注文住宅コスト削減のコツ」をお話します。

コツの一つは、建物の形をシンプルにすることです。

 

総2階にして屋根、基礎工事の量を減らしましょう

「総2階」とは建物の上下がそろった2階建ての事で、屋根は2階のみです。

上下がそろわない形は、1階にも屋根が必要になります。総2階は屋根工事費が最小限で済み、また上下がそろうことで建物が安定しやすく、柱など構造材も最小限で済みます。

とくに複雑な形を望まないなら、シンプルな総2階が割安です。

ただ、総2階はすっきりしたフォルムとなりますが、デザイン的に変化が欲しければ、外壁をツートンにしたり、窓の形に変化をもたせるなどの工夫が必要です。

 

総2階のイメージ

 

外周の凸凹(デコボコ)を減らし外壁の量を削減する

建物に凸凹(デコボコ)が多いと、外壁の量が増え、それとともに柱や梁、筋交いなど構造材も増えます。工事もより手間がかかるので、材料費、工事費ともにアップします。

四角い形状なら凸凹(デコボコ)が最小限で済み、建物の強度的にも安定します。

間取りや広さに満足できるのなら、スッキリした四角い形状がおトクですよ。

 

凸凹のイメージ

 

 

 

屋根は「寄棟」より施工手間の少ない「切妻」に

屋根の形はいろいろとありますが、一般的に多いのは「寄棟」と「切妻」です。寄棟は4方向に傾斜面があり、切妻は2方向でよりシンプルです。

形が複雑な分、寄棟は切妻より工事の手間がかかり材料も増えます。

切妻はコストダウンになり、デザイン的にはスッキリして洋風の外観になじみやすいですね。

屋根の形だけではなく、屋根材のグレードによっても材料費が変わるります。

また、屋根の勾配がきつくなると工事費が上がりますので、注意をして下さい。

 

寄棟のイメージ

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

完成見学会のお知らせです。

3月6日(土)・7日(日)に土岐市内で完成見学会を開催します。

完全予約制の完成見学会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

 

 

完成見学会の詳しくいことはコチラ

ページトップへ戻る