ブログ

頼りにしてください。

土曜日の夕方、西山町のH様から電話がありました。

 

「DKの照明器具のひもが切れて、照明器具が点灯しません。直してもらえませんか?」という内容でした。

 

ご近所ですので歩いて出かけました。

 

修理工事の手順は、照明器具のカバーをはずして、照明器具本体を天井から取り外し、切れたひもをつないで照明器具に接続して、器具とカバーを取付て修理完了です。

 

照明器具を取り付ける工事の逆の事をすれば取り外しができます。

 

たまたまH様はご家族が出かけられて、一人で、困ってしまわれたので、当社に電話されました。

 

この件は地場工務店の地域密着の当たり前の事ではないかと思いました。お客様が困った事があればすぐに駆けつけて、対処方法を考えて実行する。

 

修理後気分良く会社に帰ってこれました。

 

岐阜県土岐市土岐津町注文住宅の水野建築でした。

ページトップへ戻る