ブログ

勉強会でした SW21会

ファイル 220-1.jpg

金曜日にトステムさんの会議室で勉強会でした。

 

「SW21会」という会議を開催しています。
トステムさん、サッシ販売店さん、工務店さん11社で勉強会をトステムさんの会議室で開催しています。また年2回は屋外で芝刈りも行います。

 

15年も続いている会で、工務店さんの中でも個別に相談しあえる会です。勉強の内容は

 

・住宅行政と市場の動き

・住宅エコポイント
国土交通省の勉強会よりメーカーさんが持っている資料の方が具
体性があり、申請等についても勉強になりました。

 

・フラット35
フラット35の金利が当初10年間1%引き下げになります。通
常のフラット35と比べると、3000万円を35年で借り入れ るとなんと300万円の差額がでます。
これからの住宅ローンの中心となってくるのでは・・・

 

・長期優良住宅
これからの住宅としてスタンダードになってくるのではないでしょうか。

 

ちなみに、愛知県は新築住宅の20%は長期優良住宅です

 

今回の勉強会で感じたのは、日本の住宅はドイツの住宅に比べるとさみしいものです。

 

「次世代省エネルギー基準」が日本では住宅の目標でありますが、ドイツでは30年前にその住宅を造っていました。
今の日本の3住宅はドイツに比べて3倍のエネルギーを消費しているそうです。

 

ドイツ発祥の超省エネ住宅 「パッシブハウス」という住宅があります。

 

日本も世界の住宅の省エネスタンダードに無関心でいてはいけません。

 

近年では、アメリカや韓国でもパッシブハウスの普及の運動が広がっているそうです。

 

また、「ゼロカーボン住宅」こんな言葉もこれからの住宅のキーワードになってきますよ!

勉強になった1日でした。

 

岐阜県土岐市注文住宅の水野建築でした。

ページトップへ戻る