ブログ

APWフォーラム2016に参加してきました

先週28日(火)にYKK APWフォーラム2016に参加してきました。

参加人数が450名ほどで、昨年より参加人数が増えているそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

昨年のAPWフォーラムの様子はコチラ

 

2020年の義務化とZEHに向けた家づくりがテーマです。

まずは、YKKの商品開発部の水上さんから話がありました。

 

住まい手にとって大切な4つの要素

・健康

・室温

・燃費

・断熱

です。

健康で快適な家づくりは、室温を安定し断熱と燃費を考えることです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

快適な暮らしのために、寒さによる病気や健康リスクを考えると理想的な室温は18℃以上を目指して、できれば21℃にしたいです。

 

国が進めているZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)住宅の外皮基準であるUA値=0,6では非暖房室(洗面脱衣室)の室温は12度です。

基準ギリギリでは、健康的な室温は保てません。

 

そこで、健康的な住宅を考えるとZEH基準を上回る外皮性能が必要となります。

その基準は、5地域(多治見市・土岐市・瑞浪市)では

UA値=0.48

予算があるようでしたら、UA値0.34を目指してください。

 

ちなみに3月に完成した土岐市泉大沼町S様邸ではUA値=0.47です。

7月から着工する瑞浪市釜戸町MM様邸はUA値=0.42です。

 

窓の性能を断熱材の厚さに例えると

写真

壁グラスウール16K 厚さ100ミリを基準とすると

アルミサッシのLow-Eペアガラスは7ミリの断熱材の厚さです

アルミ樹脂のLow-Eペアガラスは15ミリの断熱材の厚さです

樹脂窓のLow-Eペアガラスは30ミリの断熱材の厚さです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

グラスウール100ミリと比べると窓の断熱性能が悪いかを理解できるかと思います。

 

家全体の断熱性能強化は、窓を優先することが近道ですね

 

お陰様で創立51周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る