ブログ

耐震と一緒に考えておきたい「耐風等級」

耐震等級3と耐風等級2はセットで考えてください

 

昨今の異常気象によって、大型台風や竜巻が発生し、年々大型化しているというデータもあります。

そのため、これらの被害を防ぐ「耐風等級」も耐震と一緒に検討しましょう。

「どのくらいの強風に耐えられるのか?」と心配に思う人もいるでしょう。まずは耐風等級とはどんなものかを考えていきます。

 

台風などによって発生する暴風に、住宅の構造躯体が倒壊や損傷をしないで、耐えられるレベルを等級で示したものが「耐風等級」です。

 

耐震等級は1、2、3と3つのランクに分かれていますが、耐風等級は1、2の2つです。

地震と同様に、数字が大きいほど性能が高いという指標です。

耐風等級1は、耐震基準法で決められた最低基準が守られている家のことです。

耐風等級2は、耐風等級1の1.2倍の強度をもっています。

 

 

 

家の形で考えると、正方形の家に比べ、風の当たる面積の大きい長方形の家は耐震性能と耐風性能の確保が難しくなります。

耐震等級を計算するソフトを使うと、自動的に耐風等級が算出されるので、耐震性能と同時にチェックしてくださいね。(難しいことはありません)

 

話はそれますが、お客様の奥様で台風嫌いな方がありました。

「台風は一晩掛けて通り過ぎる。地震よりも時間が長い分、怖い」と言われていました。

 

そんなときのために、構造の強度を確保する耐風等級はもちろん、台風対策として雨戸やシャッターを設置したり、地域によっては庭木で防風林をつくったりすることも有効です。

 

また、断熱・機密性能を高くすることで、外からの遮音効果アップも期待できて、ゴウゴウと吹き荒れる風の音を遮れます。

台風の夜でも比較的静かに過ごすことができるのでお勧めです。

 

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る