岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームなら水野建築

お問い合わせ イベント情報 岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームを行う水野建築の家づくりガイドブック無料プレゼント
TOP

壁をリフォームするときに耐震補強も行いましょう。

地震への備えとしては大切な住まいの耐震性能を上げることです。

壁を強くすれば、耐震性がアップします。

外壁のリフォームや壁紙の張り替えのタイミングは補強のチャンスですので、同時に工事を行う事でトータルコストを抑えることもできます。

 

住宅の耐震基準は、建築基準法で定められています。

基準は今まで何度か見直され、大きく変わったのが1981年と2000年です。

1981年の改正で「震度6程度の大地震でも建物が倒壊しない」という基準になり、

2000年に木造住宅に関する基準がより厳しく改正されました。

 

1981年以前の基準は「震度5程度の地震で大きな損傷を受けない」というもので、震度6以上は想定していませんでした。

1981年以前に建てられた住宅は、大地震に対する強度が不足している可能性があるといえます。

 

壁を強くして住まいを守りましょう。

壁の強度がたりていることと、壁が適度に配置されていることが耐震の目安のひとつです。地震に強い家にするには壁の強度を上げる必要があります。

 

 

 

 

外壁を補強するには、既存の外壁に耐震補強を施し、その上から新しい外壁材を重ねる工法があります。

外壁を壊さず作業するので住みながら工事ができますし、比較的、工期も短くすみます。

 

 

室内の壁を補強するには壁を剥して補強金物を設置し、耐震パネルを貼るという方法があります。

従来の筋交いを入れる工法と違い、床や天井を剥さなくてもいいので、工期もコストも抑えられます。壁紙を貼って仕上げるので、もちろん見た目も美しく生まれ変わります。

 

壁のリフォームのタイミングで耐震工事を取り入れると、見た目の美しさと同時に地震への安心も手に入ります。コスト面で無駄がないのもメリットです。

耐震に不安があるなら、専門家に「耐震診断」をしてもらい、リフォーム計画と合わせて相談するといいでしょう。

 

弊社では耐震診断を行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

一覧 多治見市西坂町K様邸 外壁塗装工事