ブログ

地元の建築会社も頑張っていますよ

先日の取引先との雑談の会話です。

 

 

 

私:「裸品のグラスウールはどれくらいの建築会社さんが採用してますか?」

取引先:「そんなにありません。10社あるとすれば1社使うか使わないかです」

 

p1430721

 

私:「えっ!少なすぎませんか?気密処理どうしているの?」

取引先:「まだそこまで進んでいる建築会社さんは少ないです」

 

私:「気密測定の申し込みは増えているのですか?」

取引先:「昨年の1,5倍ほどあります」

 

私:「それは素晴らしいことですね。

隙間相当面積C値の平均はどのくらい出ていますか?」

取引先:「C値1を切ってくる会社さんは少ないです。1から2前後くらいです」

 

私:「そのくらいなんだ」

取引先:「まずは気密に興味を持ってもらい

少しずつ隙間をなくしていくように指導しています」

 

pb170119

 

私:「隙間を少なくするには気密シートの施工方法が重要になってくるのですが

袋入りのグラスウールでは難しいのでは?」

取引先:「グラスウールだけでなく発泡ウレタンの吹付のお客様もあるので、

質問があれば指導しています」

 

私:「耐震性能を考慮すると外周部に構造用合板やダイライトを張れば、

そこそこ気密が取れるので、大工さんが楽をしようとすれば

この工法が普及していくのかな?」

 

これから増えるであろうとするリノベーション工事や

小規模なリフォーム工事を考えると安価であるグラスウールと

気密シートを使っての断熱工事、気密工事が重要になってきます。

 

その時にしっかりと工事が出来ないとせっかくお金をかけたのに

残念な結果にならないようにしたいですね。

 

冬暖かい家、夏涼しい家をお値打ちに造りたいという気持ちを

なくさないようにしていきたいですね。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る