ブログ

令和2年度は町内の会計を担当しています

令和2年度は町内の班長さんと町内の会計を兼務して活動をしています。

 

私が住んでいる西山町は世帯数197軒の家があります。18班ありますので、1つの班が11人前後の組で構成されていて、山々に囲まれた盆地です。
10年に1度班長さんが回ってくることになります。
今年は班長さんの仕事と一緒に町内の会計も担当し、300万円前後のお金を管理します。

 

3月、4月は引継ぎや年度の始まりでしたので結構忙しかったです。
コロナウィルスの関係で、4月に行われる町内総会や毎月開催される班長会議も開催されていません。また、土岐市や土岐津町内の大きな行事も8月頃までは中止になってきていますので、町内行事も中止になる方向で進んでいますが、その対応のために役員会は開催されています。

 

町内役員会(会長・副会長・会計・書記の4名)は月に2~3回ほどあります。
4名の会議ですので、三密にならないようにして公民館で土日に2時間から3時間の打合せを行っています。

 

先週の日曜日に、町民から提出された土岐市に対する要望書の現地確認に役員で出かけました。
たとえば、道路のアスファルトが陥没しているので危ないとか、樹木が伸びてきているので伐採をお願いしたいとか、法面が崩れる恐れがありそうなので修理をしてほしいなど10件ほどの確認です。

 

町内197軒ある中で、40軒は水野建築のお客様なのです。約20%です。
この55年間で作り上げてきた素晴らしい実績だと自負しています。
(町内会長も含町内会長もお客様です。)
建築会社の中では、隣近所の仕事は揉めると嫌なので、仕事を受けない建築業者もいますが、私どもは積極的に行っています。
半日かけて回った中で、その家で行った工事を思いだしたり、新しい提案をしなければと考えながら、要望確認以外の所を見てきました。

 

今年はコロナウィルスの影響で、毎年行っている「オーナーのお客様訪問」を中止にしました。収束(収まる方向・緩和・緊急事態解除)から終息(平常生活・ウィルス駆逐)になってくれることを願っています。

オーナーのお客様の家に伺って、マスクなしで遠慮なく世間話をする日が早く来てほしいです

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。
岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。
水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る