お知らせ

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞!

水野建築は、省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」(主催:一般財団法人 日本地域開発センター)で優秀賞を受賞しました。

昨年の「ZEHビルダー評価制度」(主催:一般社団法人 環境共創イニシアチブ主催)において、星5つの最高評価の獲得に続く、栄誉ある受賞となりました。

 

 

昨年受賞した「ZEHビルダー評価制度」が、水野建築の施工技術に対する実力の裏付けであるのなら、今回の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」は、同社が提供した家の具体的な性能が評価されたことにあたります。

車の燃費性能でたとえるなら、省エネの技術力が認められた車メーカー各社の中で、同社の市販車が「省エネ燃費性能でも栄誉ある最高評価を得た」ということにほかなりません。

 

さて、ここでは今回の受賞がいかに名誉なことかを少し解説しましょう。

主催する「(一財)日本地域開発センター」の説明では、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」表彰制度について、「建物躯体と設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能やCO2削減等へ貢献する優れた住宅を表彰する制度」とあります。

 

 

 

 

でもなんだかピンときませんね。

もう少し説明しましょう。

 

たとえばZEHですが、これは家づくりを目指す方なら既にご存じの方は多いと思いますが、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、光熱費や冷暖房費の消費エネルギーと同じだけのエネルギーを太陽光発電等で生み出し、トータルでその家の実質消費エネルギーをゼロにする高性能・高機能の家のことを言います。

 

でも、ここでこんな2つのZEH性能の家があったらどうでしょう?

一つは、「寒いからジャンジャン電気を使って暖房しよう。でもうちの発電能力はとても高いからどれだけ使っても安心なんだ」という家。

もう一つは「発電能力は一般的だけど、我が家は一回、1~2時間程度の暖房で、あとはスイッチを切っていてもずっと暖かさが持続するんだ」という家。

 

いかがでしょう? ここで気付いてほしいのは、高価な発電能力を装備すれば、家の断熱性能が多少劣っていても(もちろんZEHには基準値以上の断熱性能にする必要があります)、結果としてはゼロエネルギー住宅になるということ。

でも燃費はどうでしょう? CO2の排出量はどうでしょう? 発電設備の初期費用やメンテナンス費用も考慮に入れないといけません。

 

このように考えると、同じZEHでも2番目の家の方がトータルで「省エネルギー住宅」といえますね。

この違いはズバリ気密・断熱性能の差で生まれてきます。

ZEH性能は重要です。しかし、本当の意味で「省エネルギー住宅」を目指すのであれば、コストのかかる太陽光パネルをどれだけ載せるのか、という判断でなく、一旦室内が暖まったり冷やされたりしたら、それがどれだけ持続するのか、という気密・断熱性能に着目しなければなりません。

 

今回の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」表彰制度は、この「省エネ性能」に着目して評価する制度といえます。

そして水野建築はこの制度で名誉ある優秀賞を受賞しました。

 

 

【補足:「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」表彰制度とは】

建物躯体と設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能やCO2削減等へ貢献する優れた住宅を表彰する制度。

表彰住宅の選定にあたっては、学識経験者などで構成される審査委員会の第三者が公平・中立・厳正な審査を行い、日本における省エネルギー住宅の普及と質的な向上に貢献することを目指し制定され、次の3つの視点から、審査委員会で審議を行い、トータルで「省エネルギーな優れた住宅」を選定し表彰。

・視点1:外皮・設備の省エネルギー性能値

・視点2:多様な省エネルギー手法の導入

・視点3:省エネルギー住宅の普及への取り組み

 

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です。

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る