ブログ

ZEHビルダー実績報告を行いました

平成28年度から始まった「ZEHビルダー登録制度」ですが

実績報告の時期が来ましたので、弊社も実績報告を行いました。

 

実勢報告の方法は、すでに割り振られたIDを使って

ポータルサイトにて入力し、PDFを印刷したものの必要箇所に捺印して、

ZEH普及実績及び目標公表資料(ホームページを印刷したものや

会社概要等)SIIが指定する方法でファイリングして送付しました。

 

もしこの報告をしてないと、平成29年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

支援事業の申請をする場合、ZEHビルダーが関与する住宅は

補助対象外とされてしまいますので、まだ報告をしてない

ZEHビルダーは報告を急いでしましょう。

報告期限は4月28日(金)に必着ですよ。

 

弊社は実績としては0棟です。

しかし、29年度は見積提出してある2棟がZEH住宅になる予定です。

%ef%bd%9a%ef%bd%85%ef%bd%88%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

 

私自身がZEHのメリットをお客様に説明できてなかったから、

建てることが出来なかったのだと思いました。

 

ZEHにするとランニングコストが下がり、補助金制度を活用すれば

イニシャルコストも抑えられます。

そして、高断熱の家ですので、建物全体が一定の温度で

保たれやすく快適性がアップします。

上記の説明が、ふとしたことからお客様に説明できるようになりました。

 

2月に行った現場見学会で高気密・高断熱住宅を

実際に体験してもらい、お客様がすごいと感じてもらったこと。

 

1年間に完成した高気密・高断熱住宅では

1年間の光熱費が132,000円

 毎月にすると11,000円/月です。

7月から9月は24時間エアコン1台で冷房(設定温度27度)、

12月から3月まではエアコン1台で暖房(設定温度23度)で動かし、

家族は我慢することなく快適に暮らしています。

冬でも靴下をはかずに素足で過ごされています。

 

高気密・高断熱住宅の生活をお客様にとって

メリットのある話をすることが出来る様になったことです。

 

また、一次エネルギーを難しいGJ(ギガジュール)で

説明するより、お金つまり円に換算して説明しています。

 

取引先の業者さんやお客様の雑談から

ヒントを得て説明できるようになりました。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に興味を持たれた方は

お気軽にお問合せ下さい。

 

zeh-2030

 

お陰様で創立52周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る