ブログ

土岐市泉大沼町S様邸 建前完了しました

先週、土岐市泉大沼町S様邸の建前が無事に完了しました。

建前とは家を新築するときに、柱や梁の木材を組み上げていく作業です。

 

基礎工事が完了して1週間以上たってから土台を基礎と緊結します。

S様邸では、天気が良くて工事が順調に進みましたので、

2週間の養生期間が取りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずは、1階の柱を建てます。その後レッカーを使って梁を取付けます。

事前に建物周りには足場が組んでありますので、順調に工事は進みます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1階の梁が掛け終ると、梁に金物を取付けて梁と梁を緊結して、

柱が垂直に立っているかの確認をします。

その後、2階の床に耐震性を高めるために24ミリの構造用合板を敷き込みます。

この合板が2階を建てる時の床としても使えます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2階も1階と同じように柱→梁→金物取付→垂直の確認をしていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここまでは一般の建前と同じですが、S様邸はここからが違います。

桁上断熱を行います。

 

桁上断熱はこんなイメージです。

 

桁上断熱

 

桁上に合板を張り、その上に防湿シートを張って気密性と防湿性を確保します。

先張りシートや間仕切り部分の気流止めが不要です。

天井ボードの裏側に十分なスペースがあるため、電気配線・配管ダクト・

ダウンライトも普通に施工できます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、合板を桁上に留めつけるので小屋組みの水平剛性が取りやすいです。

デメリットは普通の天井断熱と比べてコストがUPします。

 

高気密・高断熱住宅を造ろうとすると、少し手間がかかりますが、

快適な居住空間を作るためには当たり前のことですよ。

 

そして、断熱材はセルロースファイバーを厚み300ミリの吹付を行います。

セルロースは自然素材で、細かな隙間に対応出来て断熱効果は高いです。

 

 

その後の工事は次回書きます。

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

 

■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る