ブログ

土岐市土岐津町栄楽KY様邸の気密測定。

2か月連続の気密測定です。
 
先週の2日(金)に土岐市土岐津町栄楽
KY様邸で気密測定をしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
弊社は全棟気密測定をします。
 
KY様の数値はC値=0.7でした。
建物の形状や気候の関係もありますので、
数値的には満足しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

弊社は床断熱ですので、C値=1.0を切ってくれば
とても優秀な数字です。

 

断熱は頑張っているけど、気密まで頑張っている
建築会社は実は少ないんです。

 

気密が悪いとどうなるのでしょうか?
気密が悪いと隙間がたくさんある家と言う事です。

 

断熱性能を示すUA値や保温性能を示すQ値の
数字がいい高断熱住宅でも、それは机上のお話であって、
しっかりと気密がとれていない施工では意味がありません。

 

隙間から外気が入り、外気の影響を受けて
冷暖房の効きが悪くなってしまいます。

 

また、風が強く吹いている日は、隙間から花粉や砂ぼこりも
たくさん入ってきます。

 

気密が悪いと24時間計画換気で空気が自由勝手に動くので、
計画通りに空気をコントロールできません。

 

換気扇の近くの隙間から空気を取り込んで排出するだけの
「ショートサーキット現象」が起こり、換気扇から遠い場所の
空気を入れ換えることができません。

 

そして、24時間計画換気が有効に働かないと、湿気や有害物質も
排出することができないので、カビや結露の原因にもなってしまいます。

 

このブログを読んでくださる方々は、ぜひ気密測定を行ってくださいね。
1回5万円くらいです。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。
注文住宅&性能向上リフォームの水野建築でした。
(省エネ・快適・健康リフォーム工事)
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る