ブログ

建築後に建物にかかる3つの費用

岐阜県土岐市では桜の花が満開を過ぎて散り始めましたが、桜を見ると散歩していても心がウキウキしてきます。

 

新築や建て替えで自分の家を建てたあと住宅にかかる費用は次の3つになります。

(固定資産税や都市計画税、不動産取得税などの税金は別途とします)

 

一つ目は光熱費です。

 

二つ目は外壁、屋根などの改修費用です

 

三つめはエアコンや給湯機器(エコキュート等)の交換費用です。

 

 

これ以外は、たとえばリフォーム費用などがありますが、リフォーム費用はすべての住宅でかかるわけではありません。

しっかりとしたプランニングをすれば30年、40年は壁紙を変えるなどの軽微なリフォームで乗り切ることができます。

 

しかし、光熱費、外壁や屋根の改修、エアコン、給湯機器の交換は絶対に発生します。

早ければ、10年後には発生してしまいます。これらができるだけ安くすることができれば、皆さんが支払う費用を下げることができます。

 

水野建築では

「光熱費を安くするためにはどうするのか?」

「建物の改修費用をどうすれば安くできるか?」

「エアコンや給湯機器の交換も含めて今後どんな費用がかかるのか?」

をお伝えしています。

 

これらを事前に考えておかないと、あとになって多額の費用がかかって「こんなはずではなかった」と後悔する場合があります。

「どのくらいのメンテナンス費用がかかるのか?」が理解できれば、あらかじめそのための費用を貯めておくようにしたいですね。

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る