ブログ

来年消費税が10%へ! 新築住宅は?

2019年の10月1日から消費税が10%に増税される予定です。

ちょうど1年後の予定です。

 

新築工事やリノベーション工事の場合は2019年9月30日までに

工事が完成して引渡しが終わっていれば消費税は8%のままです。

 

それが、10月1日以降の引渡しだと消費税10%が適用されてしまいます。

 

新築やリノベーション工事を考えている人は、

いつから動き出せばいいのでしょうか?

 

スケジュールは下図のようになります。

 

 

2019年の3月には契約をしたほうがいいと思いますので、

資金計画、土地有無、プラン、見積等の内容や打合せ期間を考えると

今頃から建築会社を訪問して12月には決定したいですね。

 

2014年4月の消費税が5%から8%に増税した時に、

2104年1月に相談に来られたお客様がいました。

 

そのお客様は、2014年3月までに契約をすれば

消費税は5%だと勘違いされていました。

 

 

新築工事やリノベーション工事の場合は、

増税前までに引渡しができていれば8%のままです。

 

ただ、経過措置というのが設けられています。

 

具体的には2019年3月末までに工事請負契約を締結すれば、

建物の引き渡しが10月以降になっても8%のままです

 

ただ、人によっては駆け込み需要で住宅建築が集中する時期を避けて、

じっくり家づくりをした方が良いという事もあります。

 

住宅ローンアドバイザーの水野孝治が相談に乗りますので、

遠慮なくご相談ください。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る