ブログ

住まいづくりのスケジュール

資料請求のあったお客様と当社の「スケジュール表」に

基づいて打ち合わせを進めています。

P1410356

 

弊社の場合は、ホームページや電話からの問い合わせがあると、

事務所にご来場いただいて、アプローチブックで下記を説明します。

・弊社の特徴の説明

・失敗しない住まいづくりの3つのポイントの説明

・パースで使いやすい、便利な収納の提案

・大事な敷地調査の4つのポイントの説明

・建て時の見極めのポイントの説明

・住まいスケジュールの説明

 

二回目は、「家づくりとお金の話」をします。

この話の内容を簡単に説明すると、失敗しない家づくりの手順を説明します。

その後、資金計画のお金のことを説明します。

ここで重要なのが、いくらまで「借りれる」かではなく、いくらなら「返せるか」?です。

 

土地からのお客様は、ここ時点で、いくらくらいの土地を買う事が出来るのかが分かります。

希望の土地を聞いて、知り合いの不動産屋さんに声をかけて土地を探しに入ります。

紹介した土地が希望通りだと、話は一気に進んで行きます。

 

その後、金融機関で「事前審査申請」の申請を行い、借入金額の確定をさせます。

 

そして、事務所でいろんな資料見せながら、

住まいに対する要望聞きだし(ヒヤリング)を半日かけて行います。

 

ヒヤリングの内容を確認して、私が一番楽しい作業である「プラン作り」になります。

プランが気に入ってもらえば、ショルームで水回り商品や内装建具の確認をしていただき工事請負契約となります。

 

以上のような流れでお客様と商談しています。

 

最近商談しているのお客様の名前をK様とします。

K様と話していて、いろんな建築会社の話を聞かせてもらいました。

 

初対面で、すぐにご主人の年収を聞いてきた営業マンがいるそうです。

お客様の事を真剣に考えてない営業マンの典型ですね。

 

また、初対面なのに、全量買い取りの太陽光パネル10キロを売り込んでくる建築会社もあるそうです。

K様の話を聞いていると、住宅という商品を売っている会社との相談になっています。

 

大事なのは、建てた家で健康で楽しい生活を提供するのが私たちの仕事です。

間違えないようにしたいですね。

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る