ブログ

新省エネルギーの計算ソフトの講習会

木造住宅の省エネルギーを計算で確かめられる講習会に出かけました。

P1400633

 

弊社で建てている新築建物、リノベーションは高気密・高断熱を標準としています。

水野:「高断熱・高気密住宅が完成しました。この冬は暖かく快適な暮らしになりますよ」

お客様「それは楽しみです。ところで、冷暖房費は一体どれだけかかりますか?」

水野:「大体○○○円くらいです・・・・・?」と、曖昧な答えになっていました。

 

高断熱住宅にしたはいいけど、どれだけ暖房費・冷房費がかかるのかが

設計段階でわかれば嬉しいですよね。

 

また、建物の性能をグレードアップさせると、どれだけ省エネになるかを数値で提案出来たり、

コストを考慮しながら、効率的な住宅仕様を検討できるソフトがあります。

今回頂いた「OPEX Ver3.2-ST 三協アルミ版」です。

P1400669

 

QPEXは、設計段階で暖房の燃費がわかります。

暖房エネルギーは「電気」も「灯油」も「ガス」も計算可能です。

しかも、慣れてしまえば一戸の計算に2時間もかかりません。

今回1時間ほどの終了試験がありましたが、私なりにコツをつかみました。

 

嬉しいことがもう一つあります。

UA値 ηA値など改正省エネルギー基準に対応した性能値も計算でき、

そのまま各種申請に使用できます。(ただし、サッシは三協立山製品に限る)

 

さらに省エネを図るために、換気や開口部(サッシやガラス)、断熱材などを、

いろいろなパターンで試算できるのがこのプログラムの利点です。

車も家電も燃費表示の時代です。住宅の燃費も表示する時代ですね。

 

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

住宅相談会(2月22日)「家づくりとお金の話」に興味がある人は

http://mizuno1342.sakura.ne.jp/wp/blog/archives/519

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

 

ページトップへ戻る