ブログ

瑞浪市釜戸町MM様邸の進行状況です。断熱材

瑞浪市釜戸町MM様邸の断熱材は裸品のグラスウールを使用しています。

なぜ、裸品のグラスウールを使用するかというと、

高気密・高断熱住宅には適しているからです。

 

断熱材を入れた後は、防湿フィルムを室内側に施工することが必要となります。

断熱材と防湿フィルムの連続性を確保することが容易なため、

より完成度の高い施工になります。

見えないところに手間がかかります。この部分が弊社のこだわりです。

 

薄いグリーンが防湿気密シートです。

 

p1430763

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

室内の湿気が壁のグラスウールに入らないためと気密を得るたに使用します。

端部などをテープで処理する事が大切ですが、

「気密と断熱の連続性の必要性」が理解できてないと

難しいと思います。

 

p1430721

 

p1430790

 

p1430755

 

袋入りグラスウールは、断熱材と気密シートと一体化させてますので、

木材に留めるだけで気密シートを貼るのも断熱材を配置するのも

完了してしまいますので、簡単に済みます。

(大工さんは楽です。)

 

また、袋入りは形が決められているので、形があわない部分は無理やり

押し込んだりしてしまいますので、断熱性能を引き出すことが出来ません。

袋入りグラスウールはシートつきなので、気密シートは施工しませんので、

隙間が出来てしまいます(空気が勝手に動いてしまい)なので、

袋入りグラスウールを安易に使う会社は考えた方がいいですよ。

 

大工さんが手間を惜しんだかどうかはすぐに分かります。

それは、壁に入れられたグラスウールの表面に隙間がなくへこみがなくて、

平らに仕上がっていれば大丈夫です。

また、断熱材を押し込んでいてもだめです。

 

これから、新築やリノベーションされる方は、

外観内観のセンスや価格だけにとらわれずに、

施工現場を必ず見てから、検討して頂きたいです。

 

当社の断熱材は○○○を使っています。

当社の断熱材はこんな性能がいいのですなど、

断熱材自慢をする建築会社さんは気を付けた方がいいですよ。

 

性能の良い断熱材を使用しているから暖かいというのは大きな間違いですよ。

それは高気密とセットになってはじめて効果を発揮するのです。

 

このブログを読まれている方で、裸品の断熱材の状況を見たい方は、

お気軽に連絡ください。ご案内します。

 

MM様邸の天井・壁の断熱材は

壁:16K 105ミリ

天井:16K 155ミリを2重に敷きこんでいます

 

お陰様で創立51周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る