ブログ

既存建物の耐震性能は3つのポイントで判断してください

先日行いました構造見学会のお客様で、リノベーションを計画されている方が数名いらしたので、耐震診断について簡単に説明します

 

既存住宅の耐震診断をする場合は、一般財団法人日本建築防災協会が発行している「木造住宅の耐震診断と補強方法(2012年改正版)」の内容に従って行います。

基本的に耐震診断は「一般診断法」という方法で行います。

一般診断法でいかに精度の高い診断ができるかが私たちの腕の見せ所です。

 

耐震性は

1.壁の強さ

2.壁の配置

3・劣化度

の3つのポイントによって決まってきます。

 

耐震診断では、この3つのポイントを総合的に評価し、現行の耐震基準と比べて、どれくらいの耐震性能をもった建物であるかを評点で表します。

 

この評点が1.0以上であれば「耐震性能が確保された住まい」といえます。

一方、1.0未満の家は「耐震改修が必要な家」となりますので、何らかの対策を行う必要があります。

 

耐震改修工事とは、全ての階、方向の評点を1.0以上にする工事のことです。

すなわち、耐震診断を行うことで「壁の強さの不足」「壁の配置バランスの悪さ」「劣化の度合い」の耐震性能を決める「3つの要素」のうち、明らかになった評点を下げている要因を改善するための工事となります。

 

これらをいかに効率よく改善するかが耐震改修工事のポイントです。

 

そして、大地震(震度6強クラス)で倒壊するかどうかを基準に、評点を4段階にわけて判定します。

評点1.5以上    倒壊しない

評点1.0~1.5未満  一応倒壊しない

評点0.7~1.0未満  倒壊する可能性がある。

評点0.7未満    倒壊する可能性が高い

 

「耐震等級3」を希望される方は評点1.5以上にする必要があります。

耐震診断の相談はお気軽にお問い合わせください。

 

お陰様で創立54周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る