ブログ

住宅内での熱中症に注意をしてください

先週から酷暑になっていますので、住宅内の熱中症にはお気を付けください。

 

カギは「断熱性能」!

「エアコンを止めると、すぐに部屋が蒸し暑くなってしまう」

「エアコンの近くだけが冷える」

こんな風に感じること、ありませんか?

その原因は、住まいの断熱性能にあります。

国土交通省の調査によると、日本では約4割が無断熱住宅だそうです。

 

夏は室内に熱がこもりやすいです。

断熱性能が低いと、夏は室内に熱がこもりやすくなります。

そこで気をつけたいのが熱中症です。

 

熱中症は外出時だけでなく、室内でも発生します。

事実、家で熱中症により、救急搬送される人の割合は高いんですよ。

 

健康のためにも、住まいの断熱性を高めることは大切です。

また、窓から熱を入れないことが大事ですので、

簾やよしずで直接日光が入らないようにしましょう。

詳しくはこちらをご覧ください

 

窓の断熱リフォームは効果大!

断熱リフォームには

「窓を複層ガラスや断熱サッシに交換する」

「内窓を追加して二重窓にする」

「床・外壁・天井に断熱材を施工する」

などの方法があります。

窓は特に熱の出入りが大きいため、

断熱リフォームによる効果も得られやすいです。

くどいようですが、夏は日射遮蔽も大事ですよ

 

%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&性能向上リフォームの水野建築でした。

(省エネ・快適・健康リフォーム工事)

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る