ブログ

ぎふ木造塾第4回目 東白川村見学

公益社団法人 岐阜県建築士会が開催されている「ぎふ木造塾」に参加して来ました

6月~11月まで毎月1回土曜日の午後に開催されます

 

今年は第4回目で、先週の土曜日に東濃桧で有名な

東白川村森林組合と東白川製材協同組合の見学でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最初は東白川村の村有の森の見学です。

ここは、FCS認証森になっていています。

簡単に説明すると森林認証制は、基準や指標に従って森林が基準通りに

管理されていることを第三者機関が評価・認証する制度で認められている森です。

私は、自然に優しい管理をしている森だと理解しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

東白川村の木材はほかの森林と比べて違うのは、昔から手間をかけて育てていて良質な木材が育ちます。

結局それが最終的に販売価格に反映されるので、この仕事に従事している人が東白川村で生活できます。

 

また、働いている社員さんは若い人を多く見かけました。

組合の平均年齢は30代だそうです。若い人がこの森林と伝統を守っていってくれるんですね。

 

間伐をするに当たりサントリーさんが、間伐作業道路を作る費用などに東白川村に

補助金を出しています。(1千万円くらい?)

逆ないいかをすれば、地下水がサントリーさんにとって大事な部分だという事が理解できますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

間伐前後の保水率のチェックをするくらいで、「お金はだすが、口は出さないという」、

組合ではとても嬉しいことです。こんな姿を見ると、

お茶や水はサントリー製品を買わなくてはと思ってしまいます。

 

東白川製材協同組合では、原木の丸太が工場に入ってきてから製品になるまでの流れで

工場を案内してもらいました。工場内は桧のいい匂いがしています。

 

丸太の皮をむく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

12㎝に仕上げる前に13,5㎝で製材する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

柱に背割りがあるものは、中温乾燥機にれて60℃で1週間乾燥させます。

そうすると含水率20%以下に仕上がります。

その後、表面を平滑にする機械を使って12センチに仕上げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、近年需要が高い背割りなし柱は、

高温乾燥機に入れて、120℃で4日~5日乾燥させるそうです。

 

仕上がった淡いピンク色の柱を見ると、九州や四国での色とは全然違います。

地元にあるいい製品を使うことは「当たり前」ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

楽しんで勉強のできた視察になりました。

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る