ブログ

H26年度 ぎふ次世代住宅塾・実践編に参加して来ました

この研修会は、岐阜県商工労働部新産業振興課が主催され、

NPO法人WOOD ACが委託されて実施しています。

 

2020年の省エネ義務化を見据え、建築実務者が省エネ住宅に関する

実務的なノウハウを習得し実践することは、今後ますます重要になってきます。

岐阜県は高断熱化をはじめとする省エネ対策ならびにエネルギーを地産地消する

次世代エネルギーインフラを住宅等に積極的に導入する目標を掲げています。

 

その一環として開催した昨年度「次世代住宅塾」に続いて今年度はさらなる

スキルアップを目指し、計算・設計に関する実務の習得に焦点をあて、

省エネ住宅に関するUA値をはじめとした各種計算、省エネ住宅のアピール方法や

住まい方提案について、ワークショップ形式で展開し、実践力を高める研修会です。

 

3回の研修会で、第1回目が先週の水曜日に行われました。

講師の先生は 岐阜県立森林文化アカデミー 辻先生です。

 

午前中は、温熱環境の基礎的なこと

・断熱性能を高めるメリット

・断熱と健康の関係

の話をしていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

午前の部で勉強になったことは

・室内環境は非常に大事で、健康維持増進させる空間

・温熱環境の快適性指標→個人差があるが服で調整

・建物断熱化で得られるものは大きい

・ピンピンコロリ(PPK)とネンネンコロリ(NNK)の違い

・断熱材の施工精度の注意点

 

午後からは、具体的な計算例を辻先生から説明してもらい、その後

グループに分かれて実際の図面での計算演習でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

午後の部で勉強になったことは

・外皮平均熱貫流率の計算の流れ

・断熱材の部位の性能の見方

・その他具体的な計算方法が勉強になりました

 

次回の講義の内容は、プログラムの入力方法と省エネ住宅提案の基礎知識です。

10月8日が楽しみです

 

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

 

ページトップへ戻る