ブログ

断熱工事に入っています。

土岐市泉大沼町S様邸では内部では大工さんによる断熱工事、

外部ではサイディング工事を行っています。

 

こちらの地域では、グラスウールというと袋入りのものが

よく使われるのですが、S様邸は袋に入っていない裸品のグラスウールを壁に入れます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なぜ、裸品のグラスウールを選んだかというと工事がしやすくて、

隙間なく柱と柱の間に入れる事ができるからです。

 

柱の間にある筋交いや、コンセント回りの対処など、

袋詰めのグラスウールは施工が難しいので、

充填できない部分が出来てしまいます。

断熱材が充填されていないと断熱効果を発揮できることはできません。

 

壁のグラスウールの厚さは105(mm)で密度 は16(kg/m3)、

高性能グラスウール(GW)と言われ熱抵抗値は2.6(㎡・K/W)です。

 

この製品を選んだ理由は、暖かなピンク色が部屋を暖かく

感じさせてくれ、手触り感がソフトです。

そして、グラスウールを入れた時に他社製品より「シャキッ」としているからです。

 

グラスウールを入れた後に、それを覆うように0.2ミリ厚の気密シートを貼ることで、

グラスウールを湿気から守り、気密を高め、内装のボードで押さえることで

十分な防湿層が出来上がります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、気密テープを使用して、防湿シートのジョイントや、

換気口まわりの処理をしていきます。

気密部材でお世話になっているのが、日本住環境株式会社さんの製品です。

 

 

使ってみれば分かりますが、施工品質では袋入りのグラスウールを使うより

裸品のグラスウールを使った方が断然いいですよ!

ただし、断熱工事の原理原則を知らない人は使わない方がいいと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

加工して余ったグラスウールが2袋になりました。

この余ったグラスウールの使い道があるのです。

それは・・・・

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る