ブログ

勉強になりました

お客様の紹介で、3月1日に土岐市泉町O様邸に伺いました。

 

工事の内容は、アルミ製のサンルームの屋根から水漏れがしているので修理依頼でした。
床には奥様の趣味のお花とお花のメンテナンス道具が置いてあります。

 

私は、サッシ屋さんと後日一緒にうかがって屋根材であるポリカの平板の採寸を行い、後日見積もりを出す約束をしました。その時はO様が自分で屋根にシートを張っておきますとのことでした。

 

そんな中、天候が雨ばかりでO様から電話がありました。

 

「シートをかけていますが雨が漏ってくるので早く修理してほしい。現在の屋根の上に波板を張ってもらえばいいのです」との連絡でした

 

私は外観がみっともなくなるので、平板の交換を考えていました。
ここでボタンのかけ違いが発生していました。

 

お客様の要望は屋根の雨漏りを至急修理したかったのです。

それを理解していなかった私は、すぐにO様の家に伺いお話を聞かせていただき、月曜日に屋根の補修工事をすることを約束しました。

 

工事終了後、O様からすぐに集金に来てくださいと連絡があり、夕方には伺ってO様ご夫妻といろいろと世間話をして集金させていただきました。

 

O様ご夫妻には大変ご迷惑をお掛けしました。

 

今後とも宜しくお願いします。

 

気配りが足らなかった自分に反省です。

 

岐阜県土岐市注文住宅の水野建築でした。

ページトップへ戻る