ブログ

「安心R住宅」について

ようやく週末も良い天気のようです。

10月は雨の多い月でしたね。

 

世間は3連休ですが、私はお陰様でお客様との打ち合わせが続きます。

 

今週「安心R住宅」の説明会が名古屋で開催されましたので、
参加してきました。概要を紹介します。

 

難しい言葉が続くと思われたらスルーしてください。

 

「安心R住宅」制度とは…
正式名称は「特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度」です。
一定の要件を満たす既存住宅について、国が登録した事業者団体
を通じて「安心R住宅」の商標を広告販売時に付与できる制度です。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
この制度は、既存住宅販売時の広告等に商標を利用する
ことができる団体の登録制度ですので、不動産流通(事業者)の
団体が対象になると思われます。

 

既存住宅の流通促進に向けて、「不安」・「汚い」・「わからない」
といった従来の中古住宅の悪いイメージを払拭し、
「住みたい」・「買いたい」と既存住宅を選択出来るようにしていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一定の要件の既存住宅とは「不安」の払拭として…
・「耐震性」については新耐震基準に適合していること
→昭和56年6月1日以降着工のもの、それ以前の物件であれば
耐震改修等で耐震性が確保されていことが要件となります

 

・既存住宅売買瑕疵保険契約を締結するための検査基準に適合
したものであること
→改正宅建業法の建物状況検査(インスペクション)を兼ねる
場合は、保険法人の登録検査事業者又は保険法人が実施
したものでなければなりません

 

登録事業者に課せられる遵守事項(抜粋)
「汚い」イメージの払拭として…
・事業者団体毎に「住宅リフォーム工事の実施判断基準」を定め、
商標を付与する物件は基準に合致したリフォームを実施するか、

またはリフォームに関する提案書(プラン・価格等)を付すと共に、
住宅購入者の求めに応じてリフォーム事業者を斡旋することです。
また、水廻り・内装・外装の現況写真等を開示すること
 
「わからない」イメージの払拭として…
・広告時に上記の情報の開示を必須とするだけでなく、新築時の
情報や維持管理の履歴等についても可能な限り収集し、有無の
開示を必須とすること

 

なお、この制度は11月6日に公布され、12月には事業者の登録申請が
スタートし、来年度(4月)以降には商標の使用が開始される予定です。

 

 

お陰様で創立52周年を迎える事が出来ました。
注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

構造見学会のお知らせです。
12月9日(土)・10日(日)に
土岐市土岐津町栄楽で構造見学会を開催します。

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・
メール・FAXで予約をお願いします。
開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る