ブログ

目指すのは、自然の熱や風を設計に活かす「パッシブデザイン」です

私たち水野建築が目指す家は、太陽と風を取り込んで夏も冬も心地よく、そして明るい日差しを活用して暮らす、「パッシブデザイン」を施した高性能住宅です。

 

「パッシブデザイン」を具現化するために、日々勉強をしています。

覚えた知識はすぐに取り入れて、お客様に提案させていただいております。

 

ちなみに「パッシブ」とは、「アクティブ(能動的)」の対義語で、受動的という意味です。

そしてパッシブデザインとは、建物の構造や工夫により、太陽の光や熱、風といった「自然エネルギー」を活用して、快適な室内環境をつくりだす設計思想、設計手法のことをいいます。

松尾和也先生の言葉を引用させていただくと「太陽に素直な家」です。

 

そこで重要になるのが、家そのものの気密・断熱性能です。

どんなに暖かな日差しが入っても、陽だまりから離れたら底冷えする家では意味がありません。

暑い夏に風が入っても窓はもちろん、壁や天井から熱気が伝わってきたら居心地が悪くなってしまうからです。

 

このことから気密・断熱性能が何よりも重要になることが分かっていただけると思います。

 

暑い夏では太陽の熱をしっかり遮断して、風が抜けるようにすれば、エアコンに頼り過ぎなくても快適に過ごせる家になります。

もちろん、あまりにも暑い日なら、窓の外に外付シェードや、よしず・すだれを取付けて日射を室内に入れないようにし、窓を締め切りエアコンをつけましょう。

ここで、高い気密・断熱性能があれば最弱の設定でも涼しさをキープできるはずです。

寒い冬でも太陽の光や熱をたくさん取り込んで、その熱を閉じ込め、さらに室内空気を循環させれば、家の隅々までポカポカと暖かい家になります。

 

この特性をさらに活かすため、夏の日差しを遮りながらも、冬は室内に陽光が入り、暖かな陽だまりができる軒を工夫してみましょう。

また、強い西日が入る場所なら、窓の外に落葉樹を植えることも有効です。そうすれば夏は茂る葉の日陰になり、冬は枝の間から暖かな陽光がたっぷり入ります。

 

新築、リノベーションなどをお考えの方はぜひ、一緒に家づくりを考えてみませんか?

お気軽に電話・メール・FAXでお問い合わせください。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る