ブログ

新築やリフォームに限らずに重要なことです。

基本的な数値をある程度理解することは、新築やリフォームに限らずに重要なことです。

下記の5つの数値をある程度理解して、自分が建てる家の数値を確認しましょう。

 

また、検討している建築会社さんの見積と一緒にこの数値も比較検討してください。

 

①熱貫流率

②窓の日射熱取得率

③UA値

④ηAC値

⑤ηAH値

 

①熱貫流率とはその部位の熱の伝わりやすさを表した数値です。

例えば、2.33w/m2kの熱貫流率なら、内外温度1℃あたり、面積1m2あたりに2.33wだけ熱が伝わるということです。熱貫流率に面積を掛け算すると、その部位全体でどれくらい熱が伝わるか(熱が逃げる)が分かります。

 

 

②窓の日射熱取得率とは窓の日射熱の入りやすさを表した数値です

たとえば、日射熱取得率が0.51の窓なら、その窓に当たった日射熱の51%が室内にはいってくることになります。窓の付属部材(カーテン、ブラインド、シェード、すだれなど)によってもこの数内は変わってきます。また、冬はこの数値が大きいほうが有利で、夏は小さいほうが有利です。

 

 

③UA値(ユーエーチ)とは、その建物全体での、冬の熱の逃げやすさを表した数値です。

建物全体の断熱仕様が良いほど、この数値は小さくなります。多少の問題はありますが、この数値が小さいほど断熱性能が高いと理解してください

 

 

④ηAC値(イーターエーシーチ)とはその建物全体での、夏の日射熱の入りやすさを表した数値です。この数値が小さいほど日射遮蔽性能が高いと理解してください

 

⑤ηAH値(イーターエーエッチ)とはその建物全体での冬の日射熱の入りやすさを表した数値です。この数値が大きいほど、冬の日射取得率が高いと理解しましょう。

 

*ただし、ηAC値やηAH値は周りに日射を遮る建物がないという条件での数値です。

 

 

パッシブ設計するときは上記の数値を気にします。

水野建築は断熱及び気密も頑張りますが、日射(日よけ)も頑張っています。

 

 

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る