ブログ

夏場の涼しい家はこんなにすごいんです。

高気密高断熱住宅というと冬場の寒さを逃がさないことばかりが注目されがちですが、夏場では窓の外で日射遮蔽が出来ていれば夏場の快適さも提供してくれます。

逆な言い方をすれば、窓の外で日射が出来てなければ、窓から室内に熱が入ってきてしまいます。

夏のうっとうしい暑さもやわらぎ、暑さが原因のトラブルを防止することができます。

 

そのためには、太陽の熱をなるべく室内に入れない工夫が大切です。

窓の外側で日射を遮るには、外付けブラインドやグリーンカーテン、庇、ルーバー、オーニング、葦簀(よしず)などを用います。

内側にカーテンや内付けブラインドをつけて遮っても、太陽の熱は窓ガラスやカーテン、ブラインドに蓄えられ、多くの熱が室内に侵入します。

 

 

最近は、ハチの巣状のハニカムスクリーンというものもあり、中空層が断熱材としての役割を果たすため、通常のブラインドよりも高い断熱効果を発揮しますので、こちらをお勧めします。

 

 

ご存知のように熱中症の4割は家の中で起こっていて、特に高齢の方が多いです。

高気密高断熱住宅で夏のお勧めの過ごし方は、エアコンを適温に設定して24時間つけっぱなしにしておくことです。

家全体がムラなく冷やされ、快適な環境が24時間保てるので熱中症の心配もぐんと減少します。(性能のいい建物ではエアコンを付けたり消したりするよりは電気代が安くなります)

 

 

寝苦しい熱帯夜はエアコンなしでは寝苦しく、反対にエアコンをつけていると不快に感じるなど、安眠できない人も多いと思います。

しかし、このような夏の夜も高気密高断熱住宅ならエアコンの温度を設定して運転しておくと快適な温度に保たれます。風も感じませんし、タオルケットを1枚かけて横になれば朝までぐっすりですよ。

 

エアコンを24時間つけておけば夏場の高断熱住宅の内壁は、保冷効果の高い水筒のような役割をしてくれます。

水筒の中で飲み物が長時間冷たいままであるように、室内の温度を一定に保ち、快適さを得られますよ。

 

「エアコンをつけっぱなしにして寒くならないの?」と、そんな声も聞こえてきそうですね。男女差や年齢差で快適だと感じる温度が違いますし、活動中と就寝時の温度さもあるので、エアコンの温度設定以外に湿度や着衣量の調整も必要ですよ。

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

相談会のお知らせです。

9月11日(土)・12日(日)に

水野建築の”家づくりなんでも相談会”を開催します。

完全予約制の相談会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所は水野建築の事務所です。

水野建築の”家づくりなんでも相談会の詳しいことはコチラ

ページトップへ戻る