ブログ

土岐市下石町M様邸 地鎮祭&近隣挨拶

9月20日(日)の大安に土岐市下石町M様邸で地鎮祭&近隣挨拶を行いました。

 

お供え物(きゅうり、キャベツ、人参、するめ、昆布、洗米、お酒、水)は、私どもで用意しますので、施主さんに用意してもらうのは玉串料だけです。

また、水野建築でテントを張り、お供えを配置したりや砂を盛ります。

 

地鎮祭の所要時間は30分くらいです。

土地の神様に捧げ物をし、お祓いや祝詞をあげた後に、施主様、建築会社で鎌や鋤を入れ参列者が玉串を神前に供え工事の無事を祈ります。

 

地鎮祭の最中で神主さんが2回「オー」と大きな声を出されます。

また、鍬入れの儀で、私が鍬を入れるときに「エイ、エイ、エイ」と声を出しますので、初めて地鎮祭に参加される人は少し驚かれると思います。

工事の安全と完成の無事をお祈りするためには大事なことですから。

そして、祭壇の前で記念撮影して地鎮祭は終了となります。

 

 

次に現地での建物の配置の確認をしてもらいました。図面に書かれた家の配置と高さを実際に確認してもらいます。

今までは図面上での話でしたが、これからは段々と形になっていきます。(地番調査の結果は改良工事必要なしです)

 

その後、近隣の方々(4軒)に工事着工前の挨拶です

4軒のお宅にあいさつに行きましたが、2軒は不在でした。後日、もう一度施主様と伺う予定です。

初対面ですので緊張しましたが、会えた方々はみんな優しそうだったのでひと安心でした。

 

新築工事の着工に際して、建築業者が近隣の挨拶をするため、お施主様の挨拶周りは必要ないと言う考え方もあります。

しかし、入居後の長いお付き合いを考えると、やはりお施主として挨拶をしておくことをお勧めします。

(水野建築ではお施主様と一緒に近隣挨拶をすることが多いです)

ちなみ挨拶回りには手土産を用意しますが、金額的には500円前後が一般的です。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る