ブログ

ユニットバスの床の性能が良くなっています

ユニットバスの床の性能が良くなり、汚れもカビも抑える浴室の床になっています。

浴室の床の汚れは、こすってもなかなか落ちない厄介者です。

最新のユニットバスなら、汚れが付きにくく、落としやすい工夫がいっぱいです。

 

 

 

汚れが付きにくい表面加工がしてあります

洗い場にできる黒ずみ汚れの主な原因は、皮脂などの脂汚れです。脂汚れは床材に吸着し やすく,放っておくと、ほこりや水アカなどが上に蓄積していって、しつこい黒ずみ汚れに変化します。

 

一度できるとなかなか落とせない厄介な汚れですが、最近のユニットバスは汚れが付きにくい工夫がされています。

 

たとえば、床の表面に油をはじくコーティングが施されたものなら、汚れの主な原因となる皮脂を寄せ付けません。また、親水性を持たせた床もあります。親水性とは水になじみやすい性質のことで、床と汚れの間に水が入り込み、汚れを浮かせて落としやすくするものです。

 

こうした床なら汚れが固着しにくいので、スポンジなどで軽くこするだけで、汚れをすっきり落とせます。

 

乾きやすい床ならカビが生えにくいです。

浴室の床の汚れでもう一つ気になるのがヌメリやカビです。

新しいユニットバスの多くは、床の溝が浅くなっています。

溝が浅いと、掃除用のスポンジやブラシが隅々まで届くようになります。

また、床に残った水も短時間で乾くので、ヌメリやカビが発生しにくくなります。

簡単なお手入れできれいをキープできますよ。

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る