ブログ

そもそも高気密高断熱の家はなんで快適なの?その1

そもそも、高気密高断熱の家はなんで快適なの?その1

冬に暖かく過ごせる家にしたいものですね。でも近頃は夏の暑さもあなどれません。

夏になると連日の体温以上の気温が話題となり「命にかかわる暑さ」という表現も使われるようになりましたが、もし毎年このような暑さが続くとなると恐ろしくなりますね。

そして思います。家の断熱性能がますます重要になってきたということを。

 

正直、私たちもこのような夏の気候までは想像もしていませんでしたが、今更ながらよかったなと思うのは、水野建築が高気密・高断熱の家づくりにこだわってきたことです。

 

高気密・高断熱の家は冬の寒さに強いと同時に、夏の暑さにも断然強さを発揮します。

外気温の影響を受けない室内環境を生み出す構造ですから、一旦室内を冷房で冷やしてしまえば、外が40℃近くになったとしても室内は涼しさが持続するというわけです。

 

でも中には、冷暖房機器を使うわけだから、現代の家なら大きな違いはないのでは?と思う方がいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこで質問です。

夏の炎天下。二つの日陰がありました。

一つはアスファルトの道の上にあるトタン屋根の日陰。

もう一つは緑の草地にある木陰。

どちらが涼しく感じるでしょう?

答えは、もちろん木陰ですよね。

でも不思議ですよね。どちらも「日陰」なのに涼しさに違いがあるってどういうことでしょう。

 

これには私たちに暑さを感じさせる輻射熱が大きく影響しています。輻射熱は、炭火やセラミックヒーターを通じて知っている方も多いと思いますが、実は地球上の全ての物質(絶対零度以上の物質)から絶えず放射されています。

 

電磁波の一種で、電波のように途中にある空気に影響されず直接届き、放射量は物質の熱に比例するという特性があります。

 

先の例では、太陽の熱を溜め込んでしまうアスファルトやトタンから、強い輻射熱が放射されていて、逆に、水分を持つことで熱を上手に発散させ、自身の温度を下げていた木立や下草からの放射量が少なかったというのが理由になります。

 

次回は「そもそも、高気密高断熱の家はなんで快適なの?」その2をUPします。

 

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

完成見学会のお知らせです。

3月14日(土)・15日(日)に土岐市内で完成見学会を開催します。

 

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

 

ページトップへ戻る