ブログ

「そもそも、高気密高断熱の家は快適なの?」その2

「そもそも、高気密高断熱の家はなんで快適なの?」その2です

 前回の続きになります。

前回のブログはコチラ

 ここで考えます。たとえば夏、もし家の壁や床や天井が、太陽や外気の影響を“直接”受けて熱を持っていたとしたら。

 

そうです。室内では輻射熱がびんびん飛び交います。

そして室内で過ごす人を暑く感じさせてしまいます。

 

 

エアコンを稼動すれば冷風が肌の表面を冷やすためごまかされますが何だか居心地が悪く、スイッチを切った途端に汗が吹き出してくるということになってしまいます。

冬は逆の理屈で、外の寒さが建物内部に伝わり家の中が底冷えしてしまいます。

 

もちろんこの例えは直接的な気密・断熱性能とは違います。

しかし気密・断熱性能は外気の温度をどれだけ室内に伝えないかということ。

 

つまり高い気密・断熱性能を備えた家の室内なら、外気温や外壁の熱の影響から遠ざけられますから、結果として熱さ寒さを左右する輻射熱の飛び交う量を操作できるということになるのです。

 

このように快適性能の基本は外気の温度を室内にどれだけ伝えないかがキーポイントです。

一箇所でも断熱性にほころびがあったり、気密性がおろそかになっていたりすれば性能は大きく劣ってしまいます。

 

きちんと気密・断熱性能を高めた家の場合、一旦エアコンなどで室内の温度を安定させれば、室内の壁、床、天井、家具などの温度も一定となり、エアコンのスイッチを切ったとしてもかなりの時間快適な室温を維持します。

 

もちろんそうなれば電気代のランニングコストを抑えてくれます。

(ただしガラスでできた窓だけはどうしても外気、太陽光エネルギーの影響を受けます)。

 

いかがでしたでしょうか。ここでは気密・断熱性能の重要性を説明してみました。

一番いいのは、同じ条件下で他の家と比較することですが、そればかりは叶いません。

 

そこで水野建築では構造見学会や完成見学会をできるだけ開催できるよう取り計らっております。そしてその現場では建てる家の気密・断熱性能アップへの取り組み、コストが抑えられる工法などを解説させていただいております。

 

詳細等はそのつど弊社ホームページでご案内いたしますのでどうぞご期待ください。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

完成見学会のお知らせです。

3月14日(土)・15日(日)に土岐市内で完成見学会を開催します。

 完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

完成見学会の詳しいことはコチラ

ページトップへ戻る