mm-main

夫婦ふたり心地よく暮らせる平屋

mm_01 mm_02 mm_03 mm_04
mm_05 mm_06 mm_07 mm_08

夫婦ふたり心地よく暮らせる平屋

【自然素材の平屋】

安全に快適に暮らし続けられる、自然素材の平屋

家づくりの理由をお知らせください

安心して自分たちの将来がゆだねられる場所づくりとして考えました。

土地はどうされましたか?

さいわい、私(ご主人様)の実家の横に建てられる場所があったのでそこへ建てることといたしました。スープが冷めない距離ですね(笑)

施工会社選びはどのように進めましたか?

最初は全国展開している大手メーカーを検討していました。そんな時、妻のお友達が水野建築さんを知っていて「とても評判のいい会社だよ」と教えてくれたんです。信頼できる情報なので、それなら一度相談してみよう、ということになりました。

水野建築とのエピソードがあるとお聞きしましたが?

実は後になって分かったことなのですが、私の実家を15年程前にリフォームをしてくださったのが水野建築さんだったんです。当時の工事もきちんとされていて、このことは水野建築さんへのさらなる信頼につながりました。

水野建築の印象はいかがでしたか?

社長が直接対応してくださったので安心でした。
それにとてもフランクにお話できる方で相談がしやすかったです。
契約前にもかかわらず、色々な情報や知識を教えてもらえましたし、これまであまり気にしていなかった気密・断熱の重要性、自然素材が室内環境を左右することなど、多角的にメリットとデメリットをセットで解説してくれました。
費用の計画も、いくらまで借りられるかよりも、いくらまでなら返せるか、を考えてくれるなど、とても親身に相談に乗ってくれました。それに地域密着対応といいますか、何かあってもすぐに飛んできてもらえる安心感があります。
だから「建てるなら水野さんで」と、迷うことはなかったです。

どんな家にしようと考えましたか?

安全に快適に暮らし続けられる「平屋」を大前提に考えました。
階段に頼る家は将来暮らせなくなるのでは?と考えたからです。
高齢になって足腰が弱れば2階は使えないし、怪我でもしたら若くても大変です。
それにお子さんが独立したご家庭の話では、2階の使い道がなくなって、でも時々は風通しや掃除をしなければならず大変だと聞きます。
ですからコンパクトでもいいから最初から平屋にしておこうと考えました。
特に私たちの場合は隣に実家があるので、スペースを共用できる利点があり、部屋数を抑えることができたという事情もありましたけれど。

他にこだわったところは?

冬、寒くない家です。
特に妻が寒がりで、彼女が実家で暮らしていた時はストーブとエアコンを同時につけていたそうで、廊下に出ては寒い、お風呂も寒い、布団に横になっても寒いという状態だったといいます。
その点、水野建築さんは断熱性能を徹底的に追求してくれるので期待ができました。

水野建築から勧められたことはありましたか?

自然素材を使うことです。
断熱性や快適性にも関連するそうで、たとえば床をフローリングにするより、パインの無垢にすると床暖房がなくても暖かく、壁を珪藻土にすると、湿度を調整し、嫌なにおいも吸着分解する効果があると教えてもらいました。
ですので、家はコンパクトだったとしても居心地は良くしようと採用してもらいました。

実際過ごしてみていかがですか?

暖かさは予想以上です。
やっぱり実際に体験しないと分からないものですね。
その場で計測してもらいましたが、外気が8℃で室温が23℃の時にエアコンを切り、暖房無しで2時間経過しても0.5℃しか下がらなかったのには驚きました。
夏も同じように外気の影響を受けないわけですから、居心地が良いだけでなく、生涯の冷暖房費が抑えられる点でも期待できますね。

床のパイン無垢材についてはいかがですか?

言われていたとおり、床暖房は全く必要ないですね。
スリッパ無しでも冷たくないし、香りもいいし、不思議ですが精神的にも休まる感じです。

間取りに関してはいかがでしょう?

平面移動だけで何でもさっとできるのは体に負担がなくていいものですね。
階段のスペースがないので面積的にも効率がいいし、洗面台やトイレも一つで掃除が楽そうです(笑)
あと、水野さんの間取りのアイデアでとても気に入ったのは洗面脱衣室に隣接した可動棚付きのウォークインクロゼットです。
脱衣所から引き戸でつながっているので、肌着やタオルをいちいち別の部屋まで取りに行く手間が省けるんです。
あと妻が憧れていた対面キッチンができたのは嬉しいです。
ダイニング側にニッチもつけてもらったので飾る楽しみも増えました。妻も早く飾り付けて、お友達を呼んでホームパーティーを開きたいと言っています。

M様ありがとうございました!

このページの先頭へ