ii_main

土岐市泉町I様邸

ii_01 ii_02 ii_03 ii_04
ii_05 ii_06 ii_07 ii_08

みんなでワイワイ楽しく過ごせる家

【スーパーウォール工法】

土岐市泉町I様邸です。

家づくりのきっかけは?

高い耐震性と快適生活のための建て替えです。強い地震が来ても安心できることと、暑さ寒さに悩まないように、最新の断熱性能で建ててもらおうと考えました。

水野建築を選んだ理由をお聞かせください

先代、つまり現社長のお父様の時代からのお付き合いなんですよ。
実は旧宅が先代に建てていただいたものだったんです。しっかりしたいい家だったのですがさすがに古くもあり、それにこのところの住宅の進化はめざましく、高い耐震性能とオール電化など、これからをもっと安全で快適に過ごすために検討しました。
色々会社選びもしましたが、旧宅時代から技術力は信頼できたし、頻繁に面倒を見てくれた先代と現社長の人柄のよさ、対応のキメ細やかさで、やっぱり建てるなら水野さんだよね、って家族全員の意見が一致したんです。

住まいの特長をお聞かせください

細長い敷地でしたが、陽光あふれる住まいになるようにレイアウトしてもらいました。そのため建物の西側にLDKを配置して、差しかけ屋根にすることで、天井を吹き抜け感のある勾配天井にしながら、2階への採光も高窓で確保してもらいました。

居心地も重視してもらったそうですね

居心地を重視するなら自然素材を使いましょう、と薦めてもらい、床も天井もたっぷりと無垢の木材を使い、珪藻土の塗り壁で仕上げてもらいました。無垢の床は素足に心地いいですし、反射する陽光がきめ細かな光になって室内を満たしてくれます。
実際暮らしてみて、癒され感が違いますね。
外から疲れて帰ってきても、しばらく木目の美しい天井を見上げているだけで癒されてしまうんですよ。これは水野社長が言うように、化粧合板やクロスと違う本物の木と塗り壁だからこそ醸し出されるものかもしれません。それに圧迫感のない高さのある勾配天井も私たちの心をゆったりさせてくれるようです。

掘り炬燵をリビングに採り入れたそうですね

気軽にお友達が集まり、ワイワイ楽しく過ごせる住まいにしたくて、座れる人数が自在の掘座卓を提案していただきました。毎日すごく役立っていますよ。

重要視していた断熱性能はいかがでしょう?

水野建築さんイチオシの「スーパーウォール工法」を採用してもらいました。この工法は、高い断熱性能を誇る発泡ポリウレタンで家全体を密閉する高気密・高断熱工法なんです。壁も屋根も床もしっかり断熱され、気密性も高いから一度室内が暖まったり冷やされたなら、その室温は魔法瓶のように長時間持続します。しかも廊下や浴室、北の部屋や階数に関係なく家中の室温が一定となるので、いわば室温のバリアフリーともいえるんです。

暖房の方法は?

冬の暖房は深夜電力を利用する蓄熱暖房で電気代も抑えられます。
どこでも昔はそうだったと思いますが、以前の住まいは暖房の入っている部屋だけが暖かく、部屋を出るのが億劫で、何もしたくなかったものですが、この家では薄着で動き回れるのでストレスも無くいいものですよ。寒い時期でも、床が冷たくないのでスリッパが要らないどころか、朝起きて靴下を履くのを忘れているくらいなんですから。
それに、お友達の家や知人の家から帰宅するたびに、我が家はなんて暖かいんだろう、なんて涼しいんだろう、と冬も夏も毎年驚かされています。

I様、ありがとうございました!

このページの先頭へ